SHARE ON SNS

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

フリーワードから検索する

2019.01.17 UP

世界の中心は、こんなにも美しい!大自然に心も身体も浄化される世界遺産「エアーズロック」へ

エアーズロックの見所を余すところなく満喫できる、ホットホリデー人気ツアーをご紹介。

誰もが一度は訪れたい!世界的にも珍しい自然遺産と文化遺産の複合遺産「エアーズロック」。その雄大な姿そのものはもちろん、サンライズ、サンセットと陽の光を浴びて刻々と変化する神秘的な景色は、世界中の旅行者を虜にしています。
今回はそんなエアーズロックの見所を余すところなく満喫できる、ホットホリデー人気ツアーをご紹介します。

text_Kaori Anbo

世界遺産エアーズロックって、どんなとこ?

オーストラリア「ウルル・カタジュタ国立公園」にあり、地球のへそ”という異名を持つエアーズロック(ウルル)。1987年に世界自然遺産として、1994年にはアボリジニの聖地でもあることから世界文化遺産として登録されています。その大きさは、高さ348m(東京タワーとほぼ同じ高さ)、外周9.4kmで、その周りを歩いて一周するのに約4時間もかかると言われています。
また、この国立公園には、世界で2番目に巨大な一枚岩「ウルル(エアーズロック)」や大小36個の奇岩群からなる「カタジュタ」などがあります。

ウルル・カタジュタ国立公園の見どころ3つ

1.ウルルが1日で最も美しく色づく「サンセット」
どこまでも広がる青い空が赤い岩肌をより引き立てる昼間の姿も圧巻ですが、日が傾き始めると同時に巨大な岩肌がひときわ赤く染まり”7色に変化”するサンセットのウルルは、一時も目を離せない美しさです。

2.もう一つの聖地「カタジュタ」
もう一つ、ウルル同様アボリジニの聖地として現在も崇められているのが「カタジュタ」。
ウルルからは車で約30分ほどの場所にあります。「カタジュタ」とはアボリジニの言葉で「たくさんの頭」という意味し、「風の谷のナウシカ」の舞台になったのでは?と噂されるほど、圧巻の絶景が広がるこの地もまた見所が満載です。

3.珍しい動物たちがお出迎え
国立公園内には、22種の哺乳類、150種の鳥類、世界で2番目に大きいトカゲなどの爬虫類など、珍しい動物が多く生息しており、景色だけではなく生き物との出会いも楽しめるのも魅力の一つ!

ウルルとカタジュタの魅力をもっと詳しく知りたい!方はこちらの記事がおすすめ!
<心洗われる神聖なる大地ウルルとカタジュタを巡る旅〜ウルル編〜>
https://hhmag.jp/2016/10/uluru_katajuta_1/

<心洗われる神聖なる大地ウルルとカタジュタを巡る旅〜カタジュタ編〜>
https://hhmag.jp/2016/10/uluru_katajuta_2/

2日間で大満足! ホットホリデーおすすめパッケージツアー

\ツアーのおすすめポイント/

・シドニー⇔エアーズロック往復航空券付きで面倒な手配は一切不要

・サンセットとサンライズの両方を楽しめる

・2日間でエアーズロックの見どころを制覇
(エアーズロック登山、クニヤ散策、オルガ岩群、ウォルパ渓谷、ウルル・カタジュタ国立公園)

・ツアーは全て安心の日本語ガイド付き

・BBQディナーなど追加オプションあり
・エアーズロック空港でのフライトチェックインフォローあり

ツアーの流れ(10ー3月)

【1日目 AM】
シドニー空港から直行便でエアーズロックへ
到着後、日本語ガイドの案内でホテルへ

【15時ごろ】
エアーズロックリゾートを出発しカタジュタへ。

①カタジュタ展望台にて写真撮影。
360度の美しいパノラマ絶景を望めます。
 ↓
②ウォルパ渓谷のウォーキング
巨大な岩と岩の間を歩くウォルパ渓谷は満足度が高いコースです。
 ↓

③サンセット鑑賞
ウルルの日の入り会場にて、徐々に岩肌の色が変化してゆくウルルのサンセットを鑑賞します。

これで1日目は終了!

【2日目】
日の出に合わせてツアー開始となるため、季節によって4時半〜6時にお迎え。
ウルル・カタジュタ国立公園へ移動。

①サンライズ鑑賞
サンライズ会場にて夜明けの最初の光が砂漠の平原をゆっくりと横断する様子をご覧いただきます。朝日が地平線に近づくにつれてだんだんとその姿を現すウルルの様子を、緑茶、コーヒー、紅茶で身体を暖めながらお楽しみ下さい。
 ↓

②ウルル・カタジュタ国立公園へ
どちらかを選択できます。
————
・ウルル登山(往復 約2-3時間)
・麓めぐり(マラウォーク)とウルル・カタジュタカルチャーセンター訪問
————
※登山は悪天候で実施できな場合、マラウォークとウルル・カタジュタ・カルチャーセンターを訪問。
 ↓
③クニヤ(ムティジュル)ウォーク
ガイド付きでムティジュルの泉まで歩く「クニヤ(ムティジュル)ウォーク」に参加(約45分)

【11時半ごろ】
ホテルへお送り後、フライト時間に合わせてエアーズロック空港へ送迎。シドニーへ。

いかがでしたか?

世界中の人々を魅了してやまない絶景と自然のエネルギー溢れるエアーズロック。
2019年10月にはウルル登山の禁止も決まっています。
今年の年末は1年の自分へのご褒美に、心から浄化できる癒しの旅に出かけてみては?