SHARE ON SNS

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

フリーワードから検索する

2018.01.15 UP

チャンスは1年に3日!新月だけ出会えるウユニの絶景とは? 

1年に3日しか出会えない!?貴重な絶景を見るための条件をご紹介。

人気の鏡張りの絶景を高確率で見られるベストシーズンは雨季の12月~3月。これはもうご存知の方も多いはず。その絶景の中でも出会える難易度が最も高いのが、”天然のプラネタリウム”と呼ばれる夜の絶景です。
でも、どうしてそんなに貴重な絶景なのでしょうか?
今回は1年にたったの3日しか出会えるチャンスがない!?貴重な絶景を見るための条件をご紹介します。

text_Kaori Anbo

条件1 > 鏡張りの条件を満たすこと

ウユニ塩湖に行く計画を立てる際に欠かせないのが、この3つの条件!
《 ① 地面に水が張っていること 》
まずは雨季のベストシーズを狙っていくのがおススメ。
どうしても天候が不安定になりがちな時期ですが、ボリビアの雨季は日本と違い1日中雨が降っているわけではなく、昼間は晴れていることが多いのでご安心を!

《 ② 晴れであること・雲がないこと 》
昼間であれば多少雲が多くても、変わりゆく空の表情が美しい景色を作り出します。しかし夜空に雲があると星の光が隠れてしまうため、夜の絶景を見るためにはよく晴れた雲がない日がベストコンディションなのです。

《 ③ 風がないこと 》
風があると水面に波がでてしまい、空の景色をきれいに映し出してくれません。
幻想的な鏡張りを見るためには、無風であることがとても重要です。

②③はもはや運任せ、、、というところもありますが、だからこそ条件がそろった時だけに見られる絶景は感動もの!

条件2 > 星が最も輝きを放つ、新月を狙う

長い旅路を経てウユニ塩湖まで来たのなら、ぜひ1泊はしてほしいところ。ウユニ塩湖の景色は、日の出、昼、日の入り、夜と1日で4回表情を変えます。中でも夜のウユニは絶景!こぼれ落ちそうなほど輝く星たちが夜空を埋め尽くします。

その夜の絶景を見るには、月の見えない新月が絶好のタイミング!
月明りは星の輝きを邪魔するため【月明りのない真っ暗闇】&【雲が全くない】ことが、夜の絶景に出会える条件です。

わずか3日!2つの条件をクリアできるチャンスはいつ?

ズバリ、2018年雨季の間の新月は3日間のみ!
——-
2018年1月16日前後
2018年2月17日前後
2018年3月17日前後
※正しい日にちは旅行会社へご確認いただくのが安心です
——

もちろん、月明りが水面を照らす夜のウユニも見応え十分ですが、
星をきれいに見たい!という方は月明かりが少ない新月がベストです。

いかがでしたか?
幸いなことに、2018年絶景に出会えるチャンスはこれから!雨季の後半、天候が安定してくる3月は奇跡の絶景に出会える可能性が高くおススメです。せっかくウユニ塩湖まで行くのなら、貴重な新月を狙って計画を立ててみては?