SHARE ON SNS

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

フリーワードから検索する

2017.11.27 UP

アドベント期間が最大に盛り上がる! 本場ドイツのクリスマスマーケット特集

ドイツ発祥のクリスマスマーケットをご紹介。

日本では12月24日〜25日がクリスマスの本番!ですが、ドイツでは12月25日までのアドベント期間がクリスマスの本番!アドベント期間とは、11月最終の週末から12月25日までのイエス・キリスト降臨を待つ期間のこと。今回はそんなもっとも盛り上がるアドベント期間に開催されるドイツ発祥のクリスマスマーケットをご紹介します。

text_Kaori Anbo

クリスマスまでの4週間!
アドベント期間の楽しみ方★

①アドベントカレンダー
クリスマス(イエス・キリストの誕生)をカウントダウンするためのカレンダーで、12月1日から25日まで1つずつカレンダーについた窓を開けていきます。窓の中にはチョコレートが入っていたり、クリスマスに関わるイラストが書いていたりと様々な種類があります。子供達にとっては、毎朝アドベントカレンダーを開くことが楽しみになるのだそう。

②アドベントクランツ
アドベントクランツとは、もみの木や松などで作られたリースの中に4本のローソクを立てたもの。11月最後の日曜日から毎週日曜日の午前中、1本ずつろうそくをつけていき、クリスマスまでの期間を楽しみます。各家庭で楽しむだけではなく、レストランやホテルのロビー、街の中に巨大なアドベントクランツが出現したりと、街のあらゆるとことで見ることができます。

③クリスマスマーケット
クリスマスマーケット発祥の地であるドイツをはじめヨーロッパの各地で、アドベント期間に行われる伝統的なお祭りです。マーケットでは、クリスマスグッツや小物、名物のグリューワインや伝統的なお菓子などの屋台が立ち並び、日本でいう夏のお祭りみたいな賑わい!ドイツの各地で行なわれているクリスマスマーケットの中でも特にオススメの都市をご紹介します!

★2017年 クリスマス特集
https://www.hotholiday.jp/campaign/winter_holiday/

世界一有名 ニュルンベルク

世界一有名なマーケットだけあり、毎年この時期は世界各国から観光客が押し寄せます。それぐらい見所のあるマーケット、ということでもありますね。旧市街の中央広場がメイン会場となっていて、中世の面影をそのままに残す美しい街並みです。ハンス・ザックス広場では「子どもクリスマス」が開かれていて、小さな観覧車やメリーゴーラウンドがあったり、子供たちも楽しめるお菓子作りやキャンドル作りなどの体験イベントも盛りだくさん!

世界最大 シュトゥットガルト

シュトゥットガルトの特徴は、毎年最も美しい屋台を決めるイベントがあること!そのため、屋台同士が競い合うようにこだわった飾り付けがされているので、屋台を見て回るのも楽しみ方のひとつです。

シュトレンの発祥 ドレスデン

1434年から始まったドレスデンのクレリスマスマーケット。ドイツのクリスマスで欠かせない「シュトレン」の発祥のお菓子のことで、ドライフルーツとナッツがぎっしりと詰まったシュトレンが有名です。日持ちもするため、お土産にもおすすですよ。

世界遺産 ケルン大聖堂

世界遺産であり、世界最大のゴシック様式の大聖堂「ケルン大聖堂」を中心に、数多くの屋台が軒をつられています。壮大な大聖堂をバックに立つクリスマスツリーは美しい!の一言に尽きます。

有名な観光スポットでもあり活気にあふれたマーケット。名物のグリューワインを飲みながら、ゆっくりと屋台を見て歩くのがオススメです。

いかがでしたか?
クリスマスの本場、ドイツの伝統的なクリスマスを感じられるクリスマスマーケット。今年は、日本とは一味違うクリスマスをドイツで過ごしてみるのみいいかもしれませんね!