SHARE ON SNS

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

フリーワードから検索する

2017.04.18 UP

アドリア海の真珠「ドブロブニク」のおすすめスポット5

誰もが憧れるドブロブニクの魅力をご紹介。

別名“アドリア海の真珠”とも呼ばれているクロアチア「ドブロブニク」。その魅力はなんといっても、アドリア海の青い海とオレジ色の屋根が連なる美しい街並みでしょう。そんな誰もが憧れるドブロブニクの魅力をご紹介します。

text_Kaori Anbo

ベストシーズンは?

ドブロブニクのベストシーズンは5月〜9月くらい。3月までは肌寒さも残りますが、5月に入ると天気も良くなるため、
真っ青な海や空がよりいっそう澄み渡り、その美しさが増します。降水量も少なく観光や海水浴を楽しむにも最適なシーズンです。ただし、7月~8月のハイシーズンは様々なイベントが開催され、街も賑やかになり観光客であふれかえります。

①町並みを楽しむ

世界遺産にもなっているドブロブニク旧市街には、様々な時代の建築様式で建てられた歴史的な教会や宮殿が立ち並んでいます。メインストリートから少し離れ、石畳の裏路地に入れば中世ヨーロッパにタイムスリップしたかのような感覚に。グンドリッチ広場では青空の下、赤と白のパラソルがひしめき合い、活気にあふれる青空市場が開催されています。新鮮な野菜から自家製ジャム、ハンドメイドの雑貨などその土地ならではなおお土産がゲットできますよ!

②城壁巡り

ピレ門をくぐったらドブロブニク旧市街巡りがスタート!
まず欠かせないのがドブロブニク旧市街をぐるっと囲うように建てられた、全長約1980mの城壁です。城壁は徒歩で1周するのに約1時間ほど。様々な角度から旧市街を眺めることができ、高さは最高で25mにもなるため、空中散歩をしているような気分を味わえます。朝一番の時間帯は比較的人も少ないのでおすすめです。

③スルジ山

スルジ山は旧市街の北側にあり、その山頂は城壁に囲まれたドブロブニクの旧市街と青々と広がるアドリア海、その先に点々と浮かぶ島々が一望できる絶景スポット!この景色を見ずにドブロブニクの本当の美しさは語れない!と言っても過言ではないほど、山頂からの景色は”感動”の一言につきます。昼、サンセット、夜景とそれぞれ美しい姿を見せてくれます。

山頂には美しい景色を楽しみながら休憩できるオープンカフェやレストランもあります。帰りもケーブルカーで降りる方法もありますが、歩いて下山する方法もおすすめ。ゆっくり歩いて約40分〜1時間くらいなので、体力に余裕があれば景色を楽しみながらの下山してみてはいかがでしょうか。

④プラツァ通り

ピレ門から街の中心部ルジャ広場まで続く、約200mのメインストリート。通りにはカフェやアイスクリーム屋さん、お土産やさんなどが多く並び、どこに入ろうか目移りしてしまうほど。ドブロブニクは1日で歩いて回れるほど小さな街ですが、その分たくさん歩きます!ちょっと疲れたな、と思ったらプラツァ通りでカフェ休憩がいいでしょう。

⑤マラ・ブラーチャ薬局

プラツァ通りにあるフランシスコ会修道院に併設されている「マラ・ブラーチャ薬局」。1317年に開業し今でも営業しているこの薬局は、クロアチアで最も古く世界で3番目に古いのだそう。14世紀に建てられたロマネスク様式の美しい修道院の建物内には修道女たちが薬草を育てていた中庭があり、当時の面影を感じることができます。その中世から受け継がれるレシピで調合されたオリジナルコスメはここでしか手に入れることができないと、日本人女性からもとても人気なんだそう。

また、フランシスコ会修道院前にある石造りの壁から小さく突き出した石の台には、素敵な言い伝えがあります。それは、この小さな台の上に乗りながら上着やシャツを脱ぐと、願いが叶うのだとか。バランス感覚に自信のある方は、ぜひお試しを!

いかがでしたか?

ドブロブニクの小さな街には美しい景色や美味しい食べ物だけではなく、そこに住む人たちが守ってきた古き良き伝統文化で溢れています。
特別なことはせず、ドブロブニクの街に溶け込むように過ごすことが
最高のひと時になるはず。