SHARE ON SNS

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

フリーワードから検索する

2017.02.03 UP

ハワイだけじゃない!冬にベストシーズンを迎えるビーチ7選

今がベストシーズンビーチ。

冬を迎えどんどん寒くなる今日この頃・・・世界には今がベストシーズンのビーチがあります。
過ごしやすい気候と綺麗なビーチでゆったり過ごすのはいかがでしょう?
寒さからも解放される素敵なリゾートをご紹介いたします。

text_Taiko Takahashi

    〜アジア編〜

①プーケット/タイ(ベストシーズン:11~3月)

“アンダマン海の真珠”とたとえられるタイを代表するビーチリゾート。
観光の中心として親しまれる西海岸には個性豊かなビーチが連なります。空港やホテルからアクセスも良い賑やかなパトン・ビーチ、ラグジュアルなパンタオ・ビーチ、夕日がタイで最も美しいとされるプロムテープ岬近くのナイハーン・ビーチなど。フェリーやスピードボードで少し足を伸ばせばあの映画のロケ地にも・・・
家族でもカップルでも友達同士でも最高のリゾートを味わえます!

②ランカウイ/マレーシア(ベストシーズン:11月〜5月)

マレー半島西海岸のアンダマン海に浮かぶランカウイ島は、ユネスコの世界ジオパークにも認定されている、99の島々からなる島。
太古の原生林やエメラルドの海に囲まれた自然と海との調和が最大の魅力です。
そんな海でも山でも遊べるランカウイ島は楽しみ方がさまざま!
そして、もう1つの魅力といえば、島全体が「免税」であること。
ショッピングはもちろん、なんとビール1缶50円!酒税も一切かからないんです。

お酒と共にビーチやホテルでゆったりと・・・まさに大人のリゾートアイランドですね♪

    〜ミクロネシア編〜

③グアム(ベストシーズン:11~5月)

グアムは、週末+1日を使って訪れる事もできる日本から約3時間半という近場のリゾートアイランド。
日本語が通じるところも多く、海外初心者をはじめ、ファミリーにもおすすめです。

メインとなるタモン湾周辺は、高層ホテルが建ち並び、免税店でのショッピングや本格レストラン、スパなどマルチな魅力がたくさん。また、星の形の白砂ビーチ、雄大に広がる海と青い空、息をのむような美しさの夕日など、素晴らしい自然にも恵まれています。
アクティビティはもちろん、グアム独自のチャモロ文化やチャモロ料理をナイトマーケットで体験してみたり安心して羽を伸ばせるリゾートです。

④サイパン(ベストシーズン:11~5月)

グアム同様日本から近く、行きやすいビーチリゾート。
グアムやハワイに比べてのんびりしたローカルな空気が漂います。
こちらも日本語が通じるところが多く、親切で素朴な人々の優しさに触れる事ができるでしょう。
そしてイチ押しは世界最深のマリアナ海溝から湧き出る透明度の高い海でのマリンスポーツ。不動の人気スポットである海中洞窟「グロット」は、外から差し込む光で海が青く光り、幻想的な空間を作り出します。
初心者から本格的な上級者まで、あらゆるレベルのダイビングが用意されているので、新しいビーチリゾートの楽しさを見つけられるかもしれません!

⑤パラオ(ベストシーズン:12~6月)

パラオは南北に約640Kmに渡り200以上の島々があり、そのうちの9島のみに約2万人が住んでおり、残りは無人島というリゾートアイランド。
一般的な知名度は今ひとつながら、ダイバーの間ではキング・オブ・ダイブサイトとして人気が高い島でもあります。
火山とサンゴの隆起した島々が長い年月をかけて侵食されキノコ型に変化した”ロックアイランド”が観光ポイントとして知られており、ダイビングをしなくても、美しい島の自然に触れることができるでしょう。
また、マリンブルーの海が印象的なロックアイランドの湾の海底にはミルキーウェイと呼ばれる不思議な白濁色の泥。ここに来たら是非この泥パックを楽しみたい。美白、美容効果があるという話も・・?真っ白に泥を塗って是非記念写真を。

ちょっと足を伸ばしてみて・・・

⑥モルディブ(ベストシーズン:11~4月)

インド洋に南北に860キロ、東西に118キロにわたって広がる26の環礁と、そこに一周歩いて30分程度の小さな島が約1,200も存在するモルディブ。
「島々の花輪」を意味するモルディブは、まさに首飾りのようにサンゴの島が連なり楽園を作り出しています。また、その地勢を生かし、島全体を丸ごとリゾートにした1島1リゾートが90あまり存在しハネムーンにも人気のリゾートです。ナチュラルなタイプから人気の水上ヴィラまで、1島1リゾートはそれぞれ島の個性が異なり、何度訪れても毎回違う顔を見せてくれます。

    〜南米編〜

⑦カンクン/メキシコ(ベストシーズン:12~4月)

カンクンは美しいカリブ海に面するユカタン半島の先端に位置するメキシコの観光都市。
1970年代以降メキシコ政府が計画的に作ってきたリゾート地で、現在は世界中から観光客が集まり、マリンスポーツやクルージング、ショッピングを楽しみます。
治安も良い為、ビーチ以外にも世界遺産チチェン・イッツァやトゥルムをはじめとしたマヤ文明期の遺跡巡りや近郊の島を訪れるなど、楽しみ方のバリエーションは無限です。
大人リゾートを楽しんでみてはいかがでしょうか?

いかがでしたか?
まだまだ寒い日が続きますが、暖かいバカンスで身も心も解放されてみてはいかがでしょうか?