SHARE ON SNS

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

フリーワードから検索する

2016.10.11 UP

世界遺産「グレートバリアリーフ」に泊まれる!ダイビングクルーズの魅力

ダイビングクルーズの魅力をご紹介。

大ヒット映画「ファイディングニモ」の舞台としても広く知られている世界遺産グレートバリアリーフ。映画の美しい世界がそのままが広がり、世界中のダイバーの憧れの地とも言われています。そのグレートバリアリーフの魅力を存分に味わい尽くす、ダイビングツアーをご紹介します。

text_Kaori Anbo

    worldheritage307_1_20140717193220

グレートバリアリーフってこんなところ

オーストラリアの北東、ケアンズ沖合に広がる世界最大の珊瑚礁「グレートバリアリーフ」。
総長約2600㎞に渡り日本列島がすっぽりと収まるほどの広さで、現在は約3,000もの珊瑚礁と900以上の島々からなり、400種類のサンゴや1,500種以上の魚たちが生息しています。1981年ユネスコの世界遺産に登録。

    img_02

海の楽園!世界一のダイビングスポット

まさに海の楽園とも言えるグレートバリアリーフは、魅力的なダイビングやシュノーケリングスポット!世界中のダイバーの憧れの場となっています。グレートバリアリーフはその地形や場所によって見られる魚や生き物が変わってきます。

ケアンズから日帰りでも行ける最北端のリーフ「ノーマンリーフ」。ダイビングポイントが多数あり、ダイバーに大人気の「ナポレオンフィッシュ」などの大物をはじめ、見られる魚の種類が豊富なポイントです。外洋からの水の流れで常に透明度が高く、初心者だけではなく経験豊富なダイバーも楽しめます。

    sea-turtle-547162_1280

砂地と珊瑚、浅場と深場など、多くの条件がミックスされたリーフ「サクソンリーフ」は、なかなかお目にかかれないレアな生き物に出会える確率の高いポイントです。また、色とりどりのお花畑のような珊瑚やウミガメも見ることができます。

    clownfish-1453906_1280

「ヘイスティングスーフ」の人気ダイビングスポット「フィシュボール」。その他の通り、ニモのモデルとなったクマノミやナポレオンフィッシュ、ウミガメ、リーフシャークなど、いろんな種類の魚が生息している人気の高いポイントです。

    174227

グレートバリアリーフに泊まってダイビング三昧!

グレートバリアリーフでダイビングを楽しむ方法は大きく分けて2つ。

「船で数泊しながら外洋のポイントに向かうダイビングクルーズ」か「ケアンズのホテルに泊まっての日帰りダイビングツアー」。船が苦手だったり、ケアンズの街も楽しみたい!という方は日帰りツアーがおすすですが、日帰りで行けるポイントには制限があります。本当に美しいグレートバリアリーフの姿を体験するには、ぜひダイビングクルーズへの参加を!

船に何泊もするのに抵抗がある方には、1泊2日から参加できるショートクルーズもあります。
他にもクルーズのなら、日本列島ほどの大きさのあるグレートバリアリーフで、その日の天候や潮の様子から絶好ポイントを選んでくれるので、天候で安心です!

    9178043677_5ee3c3f4dc_z

魅力のナイトダイビング

昼間のイメージが強いダイビングですが、海中の様子は昼と夜ではガラリと変わります。
日中は岩かげや砂の中に身を潜めていた生き物が活発に動き出し、逆に昼間に活動していた魚たちは寝静まる頃。ゆらゆらと夜の海に揺られながら寝ている魚をじっくり観察できるなど、普段は見られない夜の海を楽しむことができます!
これも透明度が高いグレートバリアリーフの海だからこそできる体験。
さらには、水平線を美しく染める夕日や夜空を見上げれば一面に無数の星で埋め尽くされた美しい絶景、甲板から眺める朝日など、大自然を海の上で体感できる贅沢なおまけつきです。

一年を通して温暖で安定した気候のオーストラリア。海の透明度も高く南国の美しい生き物に出会えます。ダイビング初心者でも、ダイビング経験者でも、必ず驚きと感動を感じられる世界最大級のグレートバリアリーフ。ここでしか味わえない魅力のダイビングを体験しにいきませんか?