SHARE ON SNS

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

フリーワードから検索する

2016.09.02 UP

この秋行きたい!世界の絶景5選

ベストシーズンの絶景をご紹介。

世界にはたくさんの絶景がありますが、絶景にも旬があります! 今回はこの秋に行きたい!9月がベストシーズンの絶景スポットをご紹介します。

text_Kaori Anbo

  • img_01
  • img_02

マチュピチュ / ペルー

「謎の空中都市」「インカの失われた都市」とも呼ばれ、謎多き都市「マチュピチュ」。標高は2340メートル。1911年にアメリカ人探検家ハイラム・ビンガムによって発見され、現在は街全体が世界遺産として登録されています。インカ帝国は文字を持たない文化であったことから、資料がなく、未だ多くの謎が解明されないまま。だからこそ神秘的な場所として、私たちを魅了し続けているのかもしれません。

マチュピチュ遺跡1番の絶景は、遺跡全体を一望できる山頂からの眺め! 遺跡からの標高差は300mと比較的登りやすく、ツアーにも組み込まれているのが「ワイナピチュ山」。体力に自信のある方は、ワイナピチュ山よりも高い、登頂の標高が3051mに成るマチュピチュ山に挑戦してみてはいかがでしょうか?登頂まで2時間ほどかかりますが、マチュピチュ遺跡の背景にワイナピチュ山がそびえる景色は、私たちがよく目にするマチュピチュの絶景そのまま!登る価値ありです!

マチュピチュ遺跡へはケチュア語(インカの人々の言葉)で「へそ」という意味をもつ「クスコ」を経由すると便利。クスコ市街は世界遺産にも登録されており、オレンジ色の屋根や石畳の階段はヨーロッパの雰囲気を感じられる美しい街並みです。

  • img_03
  • img_04

  • img_05

オーストラリア / エアーズロック

「エアーズロック」はイギリスの探検家によって名付けられた呼び名で、正式名称は「ウルル」。先住民族アボリジニによる呼び名です。世界で2番目に大きい一枚岩である「エアーズロック」ですが、その高さは約348m、周囲は約9.4kmもあり、ちょっとした山とも思える大きさ。しかも、私たちが目にしているのは岩の一部で、岩盤は地下6.000mまで続いているんだそう!

その最大の魅力はサンライズとサンセット。雑誌やネットで夕焼けに染まる美しい姿を目にし「一度はこの目で見てみた!」と思った方も多いはずです。 しかし、エアーズロックに数箇所あるアボリジニの聖地では撮影を禁じられているため、メディアを通してその景色を知ることはできません。 エアーズロックの美しい全貌を見られるのは、実際に足を運んだ人のみ。 是非、この秋はアボリジニの聖地「ウルル」を体感しに行ってみたはいかがでしょうか?

  • img_14
  • img_15
  • img_06

ボロブドゥール寺院世界遺産 /ジャカルタ

ジャワ島の中部南岸に位置する仏教遺跡で、1991年にユネスコの世界遺産に登録されカンボジアのアンコールワット、ミャンマーのパガンと並ぶ世界三大仏教遺跡でもあります。

何と言っても見所はボロブドゥールから昇る美しいサンライズ。2012年にはアメリカのテレビ局CNNの「死ぬまでに見たい27の絶景」で1位に選ばれたほど! 太陽が昇るにつれて徐々に姿を表す遺跡群。周囲に立ち込めていた霧も次第に晴れて、光が差し込む。この偉大で大規模な遺跡群の誕生を間近で見ているような、圧倒的な絶景が広がります。

日本からは直行便で約7時間とアクセスも良好◎1年を通して平均気温は25度前後で、5月~9月は乾季になり観光ベストシーズンです。

フィレンツェ / イタリア

フィレンツェは「芸術の都」として知られる美しい街。

その名の通り、世界重要文化財に指定されている作品の約30%がフィレンツェにあるとされています。誰もがよく知るミケランジェロやダンテなどの芸術家もまた、この街の生まれです。フィレンツェには数多くの美術館がありますが、ミケランジェロの傑作「ダヴィデ像」が展示されている「アカデミア美術館」は世界中から観光客が訪れる大人気スポットです。

そして、フィレンツェの街そのものが世界文化遺産に登録されており、「屋根のない博物館」と言われるほど、貴重な建物や彫刻などの芸術品が残っています。夕暮れ時になると街に沈んでいく夕日が建物をオレンジ色に染め、まるで絵画を見ているような美しい光景が広がります。

フィレンツェの気候は四季がはっきりしており、日本と似ています。年間を通して観光シーズンではありますが、比較的過ごしやすい春先の4~5月、秋の10月頃がおすすめです。

グランドキャニオン / アメリカ

グランドキャニオンは、アメリカで最も歴史ある国立公園であり、世界で最も多くの化石が見つかっている場所でもあります。そして、見る場所によって大きく景色が変わるのもグランドキャニオンの魅力の一つ。秋になると夏に比べて日が傾くため、深さ最大1800メートルの渓谷に影がはっきりと出て、渓谷の迫力をより感じることができます。

ビューポイントはコロラド川を隔てて北側がノースリム、南側がサウスリムと呼ばれており、絶景ビューポイントが多くあるのがサウスリム。 中でも人気No.1、2を争う絶景ポイントがこの2つ!

❶ Mather Point マーサポイント
サンライズの絶好ポイント!雑誌などで掲載されている写真の多くはこのビューポイントから撮影されたもの。16㎞先にあるノースリムまで見渡せる、絶対に外せないスポットです。

❷ Yavapai Point ヤバパイポイント
サンセットの絶好ポイント!マーサポイントと並ぶ人気のスポット。夕日に照らされた雄大な渓谷を一望できることで知られています。

太陽の動きに合わせて刻々と岩壁の色や影が変化するグランドキャニオンを見るのが観光の醍醐味!サンライズとサンセット、どちらもじっくり楽しみたいなら、周辺への宿泊がおすすめです。

時間がない!けど、この絶景を一目見たい!という方には、グランドキャニオンを遊覧飛行で楽しめるツアーがイチオシ!

いかがでしたか? 日差しが和らぎ風も涼しくなるこの時期だからこそ、ゆっくりと楽しめる絶景スポットばかりです。連休やシルバーウィークの旅先の参考にしてみてくださいね!